サイズ感も確認しよう

Tシャツ最近ではTシャツのサイズ感というものも変わってきました。女性であればかなりタイトなデザインで身体のラインがキレイに出るTシャツも多いですし、男性用であっても身体にフィットして筋肉がしっかりとわかるようなタイトなものが多いです。男女兼用のデザインでクラスTシャツなどを作る場合にはそこまで何種類もサイズを用意しない場合もあると思いますが、全体的に細身のシルエットが最近の人気でもあります。SサイズやLサイズという表記の仕方でも、実際にどれくらいのサイズ感なのかわからないと思いますので、発注前にどのくらいのサイズ感なのか見積もりと一緒に尋ねてみたほうが良いでしょう。

オリジナルTシャツのショップでもユニセックスタイプの商品をわざわざ謳っているショップもありますので、クラスTシャツや店舗Tシャツなど男女兼用のアイテムを作る場合にはこうしたショップを利用するのも良いかもしれません。同じような条件で見積もりを出してもショップによって一枚につき500円くらいの価格の開きが出てくる場合もあります。10枚であれば5000円の開きと数が多くなるとその価格差も大きくなるので、複数のショップに見積もりをとってからどこに依頼するか決めるのも良いでしょう。

≪参考サイト≫オリジナルTシャツ見積もり-チットプラス

制作実績を見てみよう

パソコンオリジナルTシャツを作成するショップを選ぶ際にどうしても料金設定ばかりを気にしてしまうかもしれませんが、制作実績にも注目するようにしましょう。ショップにもよりますが、多くの場合公式サイトにて今までの顧客からの注文の作品が紹介されています。この制作実績が多いということは経験も人気も確かだということになりますし、どんなクオリティの製品を作っているのかも見ることができます。制作実績があまりに少ないショップやそもそも制作実績をあげていないショップもあります。もちろんそうしたショップがダメということではありませんが、なるべくなら制作実績がしっかりしているショップを選んだほうが安全でしょう

制作実績をしっかりと見る別のメリットとしては、それ自体がデザインを考える面で参考になるということです。なんとなくのイメージしかなかったとしてもこれまでどんな作品が作られてきたのかを見ると、今まで自分がイメージしていたものとは全然違う角度のオシャレなアイテムやデザインなどがあり、イマジネーションが刺激されるでしょう。デザインの参考にするという意味では色々なショップの制作実績を見てみるのも勉強になると思いますのでやってみてください。

サイズ感も確認しよう

オリジナルTシャツを作ろう!

企業やお店などの場合お揃いの制服を仕事着としているのは当たり前ですが、こうしたお揃いのオリジナルの服というものは一般人でも気軽にデザイン、制作することができます。最も一般的なのはオリジナルTシャツだと思いますが、パーカーやツナギ、さらにはキャップなどどんなアイテムでもオリジナルの一品を作ることができます。特にTシャツくらいだと最近はかなり安く作成することもできるので、未成年の学生の方たちでもクラスTシャツなどを作ることが多いです。大学生ともなるとサークルでお揃いのアイテムを作ったり、スポーツをやっている人であればチームTシャツをオリジナルで作成することも多いので、意外とオリジナルTシャツを作ったことがあったり、持っているという人は多いのではないでしょうか。

学生基本的にオリジナルの商品というものはある程度の数まとめて注文したほうが一枚あたりの価格は下がる傾向がありますが、価格の設定の仕方やオプションの値段設定というものはショップによって違うので、自分で計算するというよりも、やりたいことをしっかりと伝えて見積もりを取るほうが早いでしょうまた肝心のデザイン料が全体の料金に含まれているショップもあれば、Tシャツそのものの価格とデザイン料が別途になっているショップもあるのでそのあたりも注意が必要です。学生さんの場合は学割が適用されるショップも多いので、クラスの思い出作りをしたい方はぜひオリジナルTシャツを作ってみてください。

制作実績を見てみよう